イソフラボンは加熱しても大丈夫か

女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用があり、女性らしい丸みをおびた体を作ったり、肌トラブルの改善、肌や髪の潤いを保つ、骨粗鬆症予防、妊娠しやすくする、自律神経や感情、脳の働きを整える、更年期障害の症状を緩和する作用があります。
このイソフラボンは抗酸化作用があり、シミやシワの原因になる活性酸素を抑制する働きがあります。
そして、大豆由来と胚芽由来のものがあり、抗酸化成分が大豆由来の1000倍あると言われています。
一日の摂取量としては、70から75ミリグラムで、コップ2杯分の豆乳を飲むことになります。
また、妊娠中の女性は摂取量を気を付けないと胎児が大豆アレルギーになる場合がありますので、注意が必要です。
また、不妊治療の方が積極的にとりたい成分で、着床をさせやすくするために子宮内膜を育てたり、妊娠しやすいからだ作りをサポートします。
このイソフラボン、加熱についてですが、イソフラボンは加熱や冷却に強い成分です。
逆に加熱したほうが吸収が良いとされています。
おすすめ食品は煮豆です。
そして、煮豆を作る際にでるサポニンも、ガンの予防や動脈硬化、肥満を予防する成分ですので、一緒に摂取するほうがいいです。